スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
スペースハリアー
私も久々にゲームブックで遊んでみようかな・・・
双葉社の比較的、軽めな作品がいいかな?

と、いうわけで選んでみたコレ!「スペース・ハリアー」!


「えっ!?スペハリの主人公って金髪でグラサンっしょ?
 ていうか横にいる女の人は一体誰なのさー!!」

と、一瞬で突っ込みを入れられた方は、さすが当店の
ブログなんぞをお読みになられている「ゲーム野郎」
だと言えましょう!

このゲームブックのストーリーは

「少年がスペースハリアーで遊んでいて、ゲームをクリアしたら、
 何故だかゲームの中の世界へ引きずり込まれちゃったーッ!」

といった内容で、純粋に「スペースハリアーの話」では無く、
「スペースハリアーで遊ぶ少年の話」というわけです。
でも、世界はちゃんとスペハリなんですよ^^

ゲームを原作とした漫画等でもよく見る展開ですが、
こういう導入のさせ方というのは面白いですよね。
ゲームブックで、スピード感が命のスペハリの世界を
まともに表現できるわけがありませんし、
「ならば、ちょっと違うスペハリの世界を楽しんでくれ!」
という筆者様の心意気が読み取れる・・・というのは
少々考えすぎでしょうか。

そうそう、オリジナルキャラクターも満載です!
表紙の女の子は、オレ(君)を手助けしてくれる
通信士で、物語に華を添えてくれます^^

また、個人的に注目したいのが、導入部分の
「・・・自分の部屋でテレビゲームをやっていたはずなのに」
という記述。

そう、主人公(つまり、君だ!・・・とか言ってみたり)の
遊んでいる「スペハリ」ではアーケード版では無いのです。
「テレビゲーム」とあるのでX68000版に代表される
パソコン版でも無いのでしょう。

このゲームブックの発行日が1989年1月10日で、
タカラより発売されたファミコン版が、その4日前の
1989年1月6日・・・まさか、このファミコン版!?

いや、まさかね。
普通に考えればPCエンジン版かマークIII版でしょうね!
(と、遠回しにファミコン版がヘボイとか言ってる
 わけじゃ無いんだからねっ!)

ところで、SEGA AGES VOL.2 スペースハリアー
リメイクされまくったイラストを見て、はじめて
プラネットハリアーズがスペハリの続編である事に
気が付いたのは私だけでしょうか!?^^;


【2007/04/25 15:57】 | ゲームブック | トラックバック(0) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://gametanteidan.blog94.fc2.com/tb.php/24-c34b876c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。