スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
松前公高さん&古川もとあきさんがゲーム音楽のトークレクチャー!
講師に元S.S.T.BANDの松前公高さん、そしてゲストに
矩形波倶楽部の古川もとあきさんを迎えたゲーム音楽の
トークレクチャーが、2008年11月8日(土)18:00から大阪港で行われます!
矩形波倶楽部&S.S.T.BAND



↓詳細はこちら!

なにわーとスクールん♪その4"ポピュラー音楽と電子楽器"

第二回「80~90年代 テクノからゲームミュージックへ」
(「ゼビウス」リミックスからGMO、サイトロンへ。ゲームミュージックの進化)

 日本のテクノポップの歴史はアルファレコードの歴史でもあった。YMOからYENへ。細野晴臣氏のゼビウスリミックスに始まり、ファミコンの音源を収録したレコードを発売するGMOレーベルの発足へと、テクノはゲーム音楽へ進化する。
 その時代のど真ん中で、ほとんど全てのゲームメーカーのレコード制作に関わった松前公高氏が、当時「コナミ矩形派倶楽部」のリーダーとして活動していた作編曲家の古川もとあき氏をゲストに迎えてのトークレクチャー。
「電子音楽」的手法が「ゲーム」へ発展する様を当時のゲームミュージックや映像ソースをたっぷり交えてふりかえります。

講師:松前公高
トークゲスト:古川もとあき

日時:11月8日(土)18:00-20:00

会場:piaNPO会議室(大阪市港区築港2-8-24)
     大阪港駅の4番出口を出て西へ200m(徒歩4分)

料金:1,000円(予約制)

主催:大阪市(現代芸術創造事業)
企画・運営:財団法人大阪城ホール、NPO大阪アーツアポリア

予約・問い合わせ先: NPO大阪アーツアポリア(大阪市港区築港2-8-24-305)
 tel/fax06-6599-0170
 mail:school@artsaporia.org
 ※個人情報は目的以外には使用しません。
http://artsaporia.exblog.jp/

ゲストプロフィール:
古川もとあき(作曲、編曲家)
神戸に生まれ育ち、1986年にコナミ入社。ゲーム音楽の作曲、ゲーム音楽CDアレンジ等を手がける。
主な参加作品。グラディウスシリーズ、A-JAX、XEXEX、ギターフリークス・ドラムマニア、他ときめきシリーズや矩形波倶楽部オリジナル、ソロオリジナルCD多数。2003年コナミ退社。現在はフリーの作編曲家として活動中。
気ままに更新ホームページ http://www.music-msart.com/MF_station/index.html

講師:松前公高(作曲、編曲家)
大阪出身。アルファレコードGMOレーベルより、1987年「エキスポ」でデビュー。
その後のゲームミュージックとの関わりを深くし多くのメーカーのゲームミュージックCD化でアレンジを手がける。中でもS.S.T.バンドはセガのゲームミュージックを演奏するバンドとして人気があった。その後はソロで作曲家、編曲家として活動。3年前に拠点を大阪に移し、一昨年、神戸空港開港時にロビー大時計「アースクロック」のサウンド担当。昨年は「おしりかじり虫」(共作曲、編曲)がヒット。「シンセサイザー入門」(リットーミュージック)を出版。近年、携帯電話、家電製品、電動バイク、カーナビなど、生活と密着したシンセサイザーサウンドを研究中。



うーん、今週の土曜日かあ・・・僕も行きたいけど、無理そうです^^;
行かれる方は予約制との事ですので、その点はご注意下さいね!


【2008/11/07 17:54】 | ゲームミュージック | トラックバック(0) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://gametanteidan.blog94.fc2.com/tb.php/154-56924b05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。