スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ゲームコミック1「マドゥーラの翼」(徳間書店)
今日は、徳間書店のわんぱっくコミックス・ゲームコミックをご紹介!
これはゲーム漫画であり、そして「ゲームブック」でもあります。
マドゥーラの翼

ジャカジャーン!
みんな大好き!僕も大好き!ビキニ鎧な女戦士のルシアちゃん!

この本は、当店のゲームブックコーナーの中でもトップクラスの
プレミア本となっておりますので、せめて見所だけでもblogで
ご紹介して楽しんで頂こう…と思ったら、売れてしまいました^^;
お買い上げ頂き、ありがとうございます!

在庫はもう無いのですが、例によってスタッフの1人が所有
しておりましたので、今回はそれを使ってご紹介致します。
水浴びする→12へ

では、いきなり水浴びシーンを^^
ウヒョヒョ!ビキニ鎧娘と言えば、やっぱ水浴びでしょ!

しかし、このルシアちゃん。
お供のヒヨコ、ヨッコくんがオスなので「こっち見んな」
と恥らうのは理解できるのですが、

「ヨッコが18歳になったら一緒に入ってあげる」
というのは、どういう事でしょうか!
むしろそこは逆じゃないのか!?

思考が意味不明すぎて、そこにまた萌えっちまうぜ!
やさしいルシアちゃん

で、結局は一緒に入ってるあたりもムフフですね!

…ん。
あんまり「ゲームブック」としての紹介になってませんが
まあ、いいか^^;


スポンサーサイト
【2007/05/29 20:00】 | ゲームブック | トラックバック(1) | page top↑
忘れてたー
先日のホビーズジャンプの記事にて
2枚ほど貼り忘れた写真があったので、ここで補足します。

HJオリジナル・パソコンプログラム
UFO撃墜ゲーム「SHOOTER」

プログラムリスト

パソコン用ゲームプログラムのリスト。

BASICで打ちこむ、24行の簡単なプログラムなのが嬉しいですね。
こういうのが載ってたんだなあ・・・




弓月光の漫画ファミコン講座
ファミコン講座

なんと!「みんなあげちゃう」や「甘い生活」等の漫画でお馴染みの
大御所、弓月光先生がファミコンのエッセイ漫画を描かれていたとは!

普段の作品のようなセクシーな女の子は殆ど活躍せず、弓月先生
自らがファミコンで遊んだり、解説して下さったりします。

他にも弓月先生はスーパーファミコンの「ラブクエスト」で
キャラクターデザインを手掛けておられたり、あとはFM-TWONS版の
「ザックマックラッケン」でもキャラ&パッケージイラストを描かれて
いたようです。

意外とゲームとの繋がりも強い漫画家さんだったんですね~!


【2007/05/26 18:03】 | ゲーム関連書籍 | トラックバック(0) | page top↑
第2回「ゲーム」検定
日経エンタテインメント!様の第2回「ゲーム」検定
折角だから僕もやってみました^^

第2回「ゲーム検定」

+++ 第2回「ゲーム検定」AVG&RPG編 成績発表 +++

あなたの総合得点は63点  全国平均 48点

全国順位(5月25日 15時現在)
195位(2536人中)

--ジャンル別得点表------------
         0_________50__________100%
ゲームの内容    ■■■■■■■■■■■■
キャラクター    ■■■■■■■■■■■■■■
市場動向      ■■■■■■■■■■
雑学        ■■■■■■■■■■■■■
--------------------------

--講評---------------------
あなたは「ゲーム大臣」
これだけの知識があれば、たいていのゲーム好きの人間と楽しく会話ができるはず。しかし、もっと深く広い知識を得ることで、世界はさらに広がるだろう。

貴方がもっとも詳しいゲームのジャンル:
   キャラクター

貴方がもっとも詳しいゲームの年代:
   90年代後半から現在にかけての熟成期
--------------------------

はい、63点でした~

特に高くも無く、低くも無く。
えらい普通な点数でした。

「え、ゲーム屋なのにそんな点なの!?」
と思われるかもしれませんが・・・
いやー、まあ、こんなもんでしょう。

かなり当てずっぽで答えた問題も多かったし、
とにかくPS系の問題はサッパリわかりませんでした^^;


【2007/05/25 15:45】 | 未分類 | トラックバック(0) | page top↑
ホビーズジャンプ
ホビーズジャンプ

「ホビーズジャンプ」1985年年11月20日発行、Vol.7です。
ドルアーガの塔攻略ページが切り取られているので
あまり状態は良く無いのですが、なかなか珍しいと
思うので、何点か写真を撮ってみました。

ホビーズジャンプは、後の「Vジャンプ」の前身とも言える
雑誌で、TVゲームやラジコン等の情報だとか、それにちなんだ
漫画も掲載されています。
徳間書店のわんぱっくコミックの路線にも似ていますね。




「ファミコンチェイサー強」
ファミコンチェイサー

あははははw
いきなり、カッコ良すぎるファミコン戦士!
ファミコンを、テレビごと持ち歩くというのは
ゲーム少年なら、誰もが一度は憧れたのでは?
(「実際には不可能」という事を踏まえて)

500円玉を十字キーに接着剤で付けてしまう
あたりも、気合が入っていて最高ですね!


「われらホビーズ」
初期のホビーズ

ファミコン・ギャグ漫画の「ホビーズ」も、初期は
ファミコン以外のホビーで遊んでいたんですね~
ホビーズ

単行本に収録されているのは「ファミコンゼミナール」
になってからの話からなので、なかなかこれは貴重かも!

われらホビーズ

上の画像は、スタッフ(つまり僕)の所有する単行本!
なんか、やたらとダブってるのはご愛嬌^^;




ファミコンだけでなく、セガの情報も載ってます!
マークIII



そして「冒険少年ハリー」
ピットフォール2

わかります?これ、セガ・マイカードの「ピットフォール2」
のコミカライズなんですよ!こりゃすげえ!
ちょっとしたゲームの攻略法なんかも描かれています。




更に、パソコンゲームの情報も掲載されていますね。
ロリータシンドローム

うひょ!ロリータ・シンドローム!

ゲームクリエイター

ゲーム作家へのインタビューもあって、読み応えもかなりのもの。
「ポートピア連続殺人事件」「軽井沢誘拐案内」
「オホーツクに消ゆ」も、ファミコン版が登場する前のパソコン版
の記事です。(あっ、軽井沢はファミコンで出てないか!)


「運命の扉」
運命の扉

架空のパソコンゲームを題材とした漫画です。

表紙の主人公が手にしているゲームディスクは、恐らく
5インチだと思われるんですが、少し大きく描かれてある
ので、「8インチ」のディスクにも見えるあたりが妙に熱いw




最後におまけで目次を載せておきますね~
もくじ



【2007/05/24 19:35】 | ゲーム関連書籍 | トラックバック(0) | page top↑
LSIゲーム「ディグダグ」(学研)
先日入荷したLSIゲーム版ディグダグの写真で~す!

黄色い本体が、ちょっとオサレ!
蓋が付いていて、ボタンを押すと・・・



dug.jpg

ジャン!画面が出てきます。
楽しいイラストも描かれてあって、アーケード筐体の
雰囲気に近いものが再現されていますね。

画面はこんな感じ。
digdug.jpg

主人公のディグダグ(ホリ・タイゾウ?)さんは、
「岩」と敵の「プーカ」を組み合わせて形成されています^^;
でも、このあたりの力技も当時のLSIゲームの魅力!

ちなみに、火を吐く怪獣「ファイガー」は登場しません。
(代わりに、プーカァが火を吐いてきますけどw)

また、LSIゲーム版は「ポンプで敵を破裂させる」という表現を
表示させる事が難しい為、武器が変わっています。
firegun.jpg

その名も「ファイアーガン」!
ポンプに比べて、確かに直接的な攻撃方法です!

FIREボタンで攻撃するのですが、ディグダグさんは
常に右を向いており、描画能力の問題で他の方向を
向けません。

そしたら、トミーのLSIゲーム「ルパン 黄金強奪作戦」
の如く「一定方向にしか攻撃できない」のか!?

なんのなんの!このゲームでは
FIREボタンを押しながら方向レバーを上下左右に
倒すことで、4方向に撃ちわける事が可能なのです。
こういった工夫も素晴らしい!

で、なんで火で攻撃するのかというと
「敵も火で攻撃してくるから」ですね^^

表現できる事がとても限られている中で、なんとか
楽しいものにしようという「力技」とも呼べる「工夫」。

それは、なんと愛しいものなのでしょう。


【2007/05/19 11:46】 | 電子ゲーム | トラックバック(0) | page top↑
ファミリーコンピュータマガジン
今度は、ファミマガを買取中~
ファミマガ

ちゃんと付録も付いてたりするのですが、本誌と別に
まとめて頂いたので、欠品していないかのチェックが
大変です^^;

でも、ちゃっかりウソ技とかチェックしてみたり~


【2007/05/18 12:15】 | ゲーム関連書籍 | トラックバック(0) | page top↑
ゲーム&ウォッチとかLSIゲームとか
ゴールデンウィーク中にゴッソリと売れてしまい、
ゲーム&ウォッチやLSIゲームの類を入れてある
ショーケースがガラガラだったのですが、また少し
在庫が増えました。
ゲーム&ウォッチとかLSIゲーム

買取でお持ち頂いた方、本当にありがとうございます!
大切に販売させて頂きますね^^

動作チェックやクリーニングを念入りに行いますので
実際に商品が並ぶのは少し先ですが、もうしばらく
お待ち頂ければ幸いです。

ディグダグあたりは、折角だからもう少し写真を
撮っておこうかしら~


【2007/05/17 23:21】 | 電子ゲーム | トラックバック(0) | page top↑
ゲームショップ1983様が引き継ぎ先募集(決定)
その手の筋では有名で、当店も常に注目させて頂いていた
札幌のゲームショップ1983さんが、お店の引継ぎ先を募集
しておられます。
ゲームショップ1983


※2007年6月20日、追記
なんとか無事に引継ぎが決定したそうです!


当店も、頑張らなくっちゃ!

【2007/05/17 14:40】 | 未分類 | トラックバック(0) | page top↑
ピピンアットマーク
本日は、ピピンアットマーク本体の入荷がありました~
ピピンアットマーク

ソフトが数点付いている代わりに、箱と説明書は
残念ながら付いておりません。

当店でずっと飾ってある箱がありますが、あれは
例によって僕の私物だったりしますので(またかよ)
お売りできないのです。ごめんなさい!
ピピンの箱



【2007/05/12 16:44】 | ピピンアットマーク | トラックバック(0) | page top↑
おたより紹介~
当店のどこかに設置されております「妖怪ポスト」
に頂いたイラストを本日もご紹介させて頂きます^^

かまもとななみ

これは・・・なんというか、味わい深いイラストを
ありがとうございます!

釜本、名波というとサッカーですね?

----------

MW4&パルテナ

おや、これは「モンスターワールドIV」のアーシャちゃんと
「光神話パルテナの鏡」のピットくん!可愛らしいですね^^

レトロゲーム・マイナーゲーム中心同人誌即売会「ゲームレジェンド
にサークル参加されるとの事ですが、当然存じておりますとも!
なんたって、僕も個人的にサークル参加してますので^^

----------

それでは今日はこの辺で~(・_・)/


【2007/05/11 17:56】 | 投稿 | トラックバック(0) | page top↑
コミゲ
「ゲーメスト」が売れて、どんどん在庫が減ってしまっていく
一方で、今日は「コミックゲーメスト」が少し入ってきました。
コミックゲーメスト

しかし、初期はゲーメストの増刊号扱いだったりする上に、
途中からは「ゲーメストワールド」がコミックゲーメストの
増刊号扱いだったり、「月刊誌なのに合併号」があったりと
「綺麗に通し番号順で棚に揃える」事が難しかったりします。
新声社様の雑誌はコレクター泣かせですね^^;


【2007/05/05 21:16】 | ゲーム関連書籍 | トラックバック(0) | page top↑
ゲームサイド Vol.6(2007年6月号)発売中!(その2)
っと、昨日から引っ張っておいてナンですが、今日は
ゲームサイドの前身である「ユーズド・ゲームズ」の話を。
ユーズドゲームズ

↑Vol.8(1998年 秋号)。この頃は、まだ季刊誌でした。


この号には、我らが大阪・日本橋が大きく紹介されています!
・・・とは言え、まだ当店は存在していないんですよね^^;
日本橋マップ1998

うわー。マップ上に表記されている店舗・・・
今では全て無くなってるんですけどー!?
移転されているだけのお店もありますけどね。

また、今では日本橋と言えば、もう少し北側の「オタロード」
と呼ばれる区域が主ですよね。この10年でホント、変わっちゃったなー。

日本橋のレトロゲームショップ、という地位において
当店「ゲーム探偵団」の先輩とも言える
「もんきち」さんも紹介されていました。
もんきち


実は僕は、この号を読んで「日本橋のゲーム屋さんで働こう」と
決意し、それまでの職も辞めて、それからも、まあ色々とあって(笑)
・・・そして、今現在に至ります。

自分がここに居るのは
「時代を逆送する日本初の中古ゲームソフト専門誌 ユーズド・ゲームズ」
のおかげなのかもしれませんね^^

そのユーズド・ゲームズは「ユーゲー」へと名を変え、
そして更に「GAME SIDE(ゲームサイド)」となりました。
ずっと、応援してますからね!これからも、よろしく^^


【2007/05/04 13:01】 | ゲーム関連書籍 | トラックバック(0) | page top↑
ゲームサイド Vol.6(2007年6月号)発売中!(その1)
はいっ!当店でも販売中の「ガメシデ」ことGAME SIDE!
当店の広告も掲載しておりますので、是非ご覧下さい^^
ゲームサイド

「ザナドゥ」等、ドラゴンスレイヤーシリーズの木屋善夫さんと
「ザ・スクリーマー」の長谷川良樹さんの対談は、いきなり必読!

そして「ファミソン8BIT」の桃井はるこさんのインタビュー、
(たけしの挑戦状の「あめのしんかいち」のリクエストに対して
「ねこにゃんたいけん」の名前が出てくるあたりは、さすが!)


「アイドル八犬伝」主題歌、「きみはホエホエむすめ」の
作詞を担当された河崎実さんのインタビュー、

ゲームミュージックの連載ページ「ゲーム音」でも
「E.D.F.」等の作曲や「ドラクエVI以降」のサウンドデザインを
担当された多和田 吏(たわだ つかさ)さんのインタビュー、
(「ビッグチャレンジ!ドッグファイトスピリッツト」の
BGMが「E.D.F.」でもリメイクして使用されている事について
質問される罰帝さんがステキすぎます!!


「プリンセスメーカー」や「トリガーハート エグゼリカ」等
の作曲者である梶原正裕さんのインタビュー・・・

うーん!ゲームサイドならではの濃いインタビューが続きます!

----------

また、個人的には(「個人的には」って便利な逃げ言葉ですよね・・・)
「セガ道」のベアナックル&ベアナックルIIや、
「PCゲーム考古学」のウルティマIV、そして
「スイカに塩をゲームに本を」のパラッパラッパー公式ガイドブック
の記事も、すごく楽しく読ませて頂きました。

「ユージーライフ」の扉絵を描かれている、坂本みねぢ先生の
ゲームにちなんだイラストも毎回ステキすぎます!

あとは、やはりゾルゲさんの漫画「8bit年代記」でしょう。
今回も激アツでしたーッ!
自分も小学生の頃は、お金持ちの友人の家にあがりこんで
沢山の電子ゲームで遊ばせて貰ったクチですので^^

「昔も今も、ゲームはどこか そういうカゲのような部分がある」
という一文にも、ドキっとしてしまいました。

(長くなったので、続きます)


【2007/05/03 17:57】 | ゲーム関連書籍 | トラックバック(0) | page top↑
巨人軍 原辰徳のダイナミックベースボール
おっ!今日も、なかなか珍しい商品が入荷して
おりましたので、売れてしまう前に写真をば!

「ダイナミックベースボール」の原さん版。
内容は全く同じのようですね。
巨人軍 原辰徳のダイナミックベースボール

しかし・・・お若い(笑)


【2007/05/01 19:35】 | 電子ゲーム | トラックバック(0) | page top↑
ヘラクレスの栄光III
本日より、「ゲーム探偵団のblog」という表記から
「ゲーム探偵団のスタッフblog」へ変更しました。

「お店」としてブログを書くと、どこか堅苦しい感じが
しますし、「ゲーム探偵団で売って、買ってね!」等と
毎回毎回、同じような宣伝なんてしたってツマラナイ!

ならまあ、個人ブログのノリで行っちゃおう、と。
だからもう、僕ってば自宅から更新しちゃうヨ!と(笑)
時には、なんにもお店の宣伝になってない事も書いちゃう
と思いますが、改めて、よろしくお願い致します。

ゲームサイドで掲載しております当店広告ページの4コマ
を描いたり、それなりにベテランのはずなのに割と雑用ばかり
しているような気がするスタッフ、「はむ」と申します。

さて、今日は「ヘラクレスの栄光III」の話を。
バーチャルコンソール

はい、レトロゲームがメインのお店に勤めていながら
Wiiのバーチャルコンソールで遊んでたりします^^;

もうね、すっごく楽しみにしてたんですよ!ヘラIIIの配信!
即効で落として、思わず3日程で解いてしまいました。
いろいろ程よく忘れていて、とても楽しめましたよ~
シナリオとか音楽とか、もう最高です!

当時も、そして今も、その素晴らしい音楽に聞き入ったり、
衝撃的な怒涛の展開にド肝を抜かれました。

自分はMOTHERシリーズも大好き、というかMOTHERが無ければ
今の自分は無い!とさえ言い切れる程のMOTHER信者なのですが、
MOTHER3の音楽を担当された酒井省吾さんらが関わられた、この
「ヘラIII」や「IV」の楽曲の雰囲気はMOTHER3に通じる部分があります。
ていうか、結構「まんま」な曲もありますね!
※ヘラクレスIIIのメインの作曲者は桃井聖司さんだそうです。
酒井さんがメインなのは「IV」ですね。


そういう部分にも、また感動でありまして、例によって
WiiのAVケーブルをパソコンに繋げて自主録音も行いました^^
もう、アホみたいに聞いております!

ヘラクレスの栄光IVの時に抽選で貰えたCD「ギリシア回想録
にも、IIIの楽曲は収録されているのですが、既にすんごい
プレミアが付いていますし、またそれは「オリジナル音源」
では無く、アレンジバージョンのみの収録となっております
ので、この自主録音源は、僕の宝物となりそうです。

いやあ、当時の開発・販売元であるデータイースト様が
倒産してしまった後でも、こうして遊べてしまうのですから
バーチャルコンソール、恐るべし!ですね。

まあ、僕もゲーム探偵団のスタッフのはしくれですから
スーファミのカセットもちゃんと持ってますけどね!!
ヘラクレスの栄光III

当時に完品で買って、箱と説明書は捨てちゃいましたが・・・^^;
ていうか、キチャナイ!



【2007/05/01 02:58】 | スーパーファミコン | トラックバック(1) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。