スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ファミリーコンピュータMagazine 1985年9月号
今回のファミマガは第2号目となる「1985年9月号」でっす!
ファミリーコンピュータマガジン1985年9月号
それでは、今回も個人的な見所を軽くご紹介していきますね。



まずは「プログラマーたけし」第二回!
原作者さんの名前が第一回の「今日雄太(こんひゆうた)」さんから
「岡林なみへい」さんに変わっていますが、中の人は同じかな?
プログラマーたけし 第2回
はじめてのベーシック・プログラムに悪戦苦闘する
パパとたけし君が微笑ましいw

しかし、なんというかハングリーさが違います。この2人。

家族の中では何故か抜群のプログラム知識を持つ
お姉ちゃんが毎回おもしろそうなプログラムリストを
伝授してくれるのですが、リストを見るや2人は
よし このプログラム うちこもう!
こうです。

父と子が、我先にと競ってプログラムを打ち込もうとするのです!
なんというゲーマー魂!アツい!アツすぎるぜ!!



そして、この号からは企画漫画が始まります。
漫画は、わんぱっくコミックなどでもお馴染み、こばやし将先生!
対決!カンフーファイター
「対決!カンフーファイター」
まんが:こばやし将
原作:夏井 潤

メーカーの異なる2つのゲームより、それぞれの主人公が
力を合わせて奮闘する内容の連載漫画!

この回では「スパルタンX」のトーマスと
「イーアルカンフー」のリーが共に闘います。
やー、たまりませんね!こういうの!



新発売!ファミリーコンピュータロボット!
ロボット




「ドルアーガの塔」の記事も大きく扱われています。
「ドルアーガの塔は、あの名作ゼビウスと同じ人が作ったのだ。」遠藤さん
と、いう事で
遠藤雅伸さんのインタビューが載っています。

ドルアーガが(イシターの復活、ザ・ブルークリスタルロッドとの)
全3部作の予定である事も既に語られていました。

うーん、貴重な記事ですね!

(この調子で3号目もご紹介したいと思います!)


スポンサーサイト
【2008/07/04 12:00】 | ファミマガ | トラックバック(1) | page top↑
ファミリーコンピュータMagazine 1985年8月号(創刊号)
結構前にゲーム雑誌のまとまった買取を頂いていたのですが
買い取って、そして1度売ってしまって、それでオシマイ…というのも
「もったいないなぁ」という思いから、少し寝かせておりました。

しかし、いつまでも当店の倉庫に眠らせ続けていても
「それこそが、もったいない!」話ですよね…

そこで!これらを販売する前に、私が力の限り
ご紹介して行きたいと思います^^

■ファミリーコンピュータMagazine 1985年8月号(創刊号)
ファミリーコンピュータマガジン1985年8月号(創刊号)
ジャーン!ファミマガの創刊号です。



開けば早速、ナムコの懐かしい広告。
クーソーは、頭のコヤシです
「クーソーは、頭のコヤシです。」(小林清志さんの声で)



創刊号から「ウル技(ウルテク)」も掲載されています。
超ウルトラ技50
この頃のウルテクは「裏技」というよりは、純粋に
「ウルトラテクニック=すごく高度な技」という意味で
用いられていたようですね。



ゲーム漫画も楽しめます。
プログラマーたけし
「プログラマーたけし」
原作:今日雄太(こんひゆうた)
まんが:山田ゴロ

ファミコンとベーシックを買ってきたぞ!
ファミコンとベーシックを買ってきたぞ!
何がアツいって、このお父さん。
ファミコンと、ファミリーベーシック「のみ」を買ってきて
肝心の「ゲームソフト」を買おうともしていません。

遊ぶ為には自分でベーシックのプログラムを
打ち込まないといけないのです。

しかも、お父さんもたけしくんもプログラムの知識は全く無し!
なんというガッツ!漢らしすぎんだろアンタら!



こちらは毛利名人。
ゲームの技術師、毛利くん
おお、お若い!
「毛利クン」扱いですw



創刊号の裏表紙。
ファミマガ裏表紙
スパルタンXとレッキングクルーの広告でシメ!

いかがでしたか?
こんな感じで2号目もご紹介していきますので
お楽しみに~(・_・)ノシ


【2008/07/02 12:00】 | ファミマガ | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。